ニュースNEWS

【長崎】15日から大学入学共通テスト会場準備進む

2022年01月14日

15日から2日間、実施される大学入学共通テストを前に、長崎県内9つの試験会場で準備が行われました。コロナ禍での受験に向けて受験生たちの声は…。長崎大学文教キャンパスでは、14日朝から看板の取り付けや机の消毒、受験番号のシールの貼り付けなどの準備を進めました。コロナ対策では出入り口に消毒液を設置し、休憩中、窓を開けて換気を行います。保健所から濃厚接触者に認定された受験生は、PCR検査の「陰性」と試験当日の無症状が確認できれば、別室で受験できます。文科省が新型コロナの影響で受けられない受験生の合否判定を個別試験のみで可能にするよう求めた通知への対応については「後日、学長が発表する」としています。長崎大学の中村典生副学長は「大学側としては皆さんが実力が発揮できるような形をしっかりつくって準備しておきたいなと思いますのでぜひ安心して来ていただいて体調を整えてきてもらえれば」と話しました。午後からは受験生が会場の下見に訪れました。受験生は「きのうも(コロナ陽性者)過去最多みたいなニュースが出ていたので、不安なんですけど試験が開催されることはありがたいので気を付けて頑張りたい」「まだ足りないと思うところはあるんですけどきてしまったものはしょうがないかなと思って覚悟を決めて頑張りたい」と話しました。。15日は朝9時半から地理歴史公民と国語、外国語、16日は理科と数学の試験が実施されます。県内では去年より183人少ない5132人が志願しています。