ニュースNEWS

【長崎】新規感染14人 佐世保でクラスター・長崎市はゼロ

2021年06月13日

 県などは、県内で新たに14人が新型コロナに感染したと発表しました。長崎市では13日ぶりに感染者がゼロとなる一方、佐世保市では新たなクラスターが発生しています。
 新たな感染者は佐世保市で12人、佐々町で2人で、感染経路がわかっていない初発事例は1人です。長崎市の新規感染者がゼロとなるのは5月31日(月)以来13日ぶりです。
 佐世保市では、きのうまでに感染が公表されていた市内在住の20代男性会社員と接触したとして、勤務先の事業所内27人を検査した結果、きょう10人の陽性がわかり、計11人のクラスターと認定されました。10代から60代の男性9人が市内在住、あとの2人は市外在住です。市によると、きょう発表された市内の8人については、2週間以内の県外移動や県外の人との接触はなく、会食もなかったということですが、接触者として検査を受ける概ね1週間前には、8人全員が咳や頭痛、発熱、悪寒、倦怠感、のどの痛みなど何らかの症状を自覚していたということです。不特定多数と接しない仕事のため、検査対象が把握できているとして、市は事業所名を公表していません。事業所内の検査対象は2人の陰性が確認され、残る15人についてはあす中に結果が出るように検査を進めています。
 佐々町で新たに感染が確認された2人は年代・性別非公表の会社員と、年代・職業非公表の男性で、いずれも県内の陽性者の濃厚接触者として検査し感染がわかりました。会社員は6日(日)に発熱や痰、鼻汁、倦怠感の症状、男性は7日(月)に下痢や悪寒、倦怠感の症状がありましたが、いずれも12日(土)に感染者の濃厚接触者とわかり検査するまで出勤していました。2人とも不特定多数の人と接する仕事ではなく、2人の濃厚接触者計3人は全員の陰性が確認されています。
 県内の感染者の累計は3066人となりました。