ニュースNEWS

【長崎】県内で16人コロナ感染 2日連続10人台

2021年05月17日

長崎県などは新たに16人が新型コロナに感染したと発表しました。2日連続の10人台と感染者は減少傾向ですが5日連続で感染者が死亡しています。長崎玉成高等学校・附属中学部ではクラスターが発生しました。新たに感染が判明したのは長崎市で10人、時津町で2人佐世保市、諫早市、松浦市、長与町で各1人の計16人です。長崎市の長崎玉成高等学校・附属中学部では16日までに学校関係者4人の感染が確認されていましたが、17日も新たに2人の感染が判明し、合計6人のクラスターとなりました。学校では17日、約230人の検査を実施するなど数百人規模の接触者検査を進めています。また大規模クラスターが起きている長崎市の田上病院では新たにスタッフ1人の感染がわかり、この病院の感染者はスタッフ34人、患者23人の計57人で県内最大のクラスターとなっています。また先週金曜に学級閉鎖を実施した長崎市の市立小学校については、検査対象者29人全員の陰性を確認したため17日から通常登校となっています。長崎市では15日(土)に別の市立小学校でも学校関係者1人の感染が判明したため17日、学級閉鎖を実施しています。クラスターが起きている西彼・時津町の長崎百合野病院では新たに4人の感染者を確認し、この病院の感染者は職員3人、入院患者10人の計13人となりました。県内では16日が13人、15日が34人の感染者が確認され、感染者の累計は2740人となりました。また長崎市で入院治療中だった年齢非公表の男性と壱岐市で入院治療中だった60代の男性が16日、亡くなったことも発表されました。長崎県内では15日と16日も2人ずつ亡くなっていて県内の新型コロナによる死者は54人となりました。このほかアメリカ海軍佐世保基地でも新たに1人の感染が確認されました。