ニュースNEWS

【長崎】コロナ59人 長崎市に県独自緊急事態宣言

2021年05月07日

 過去3番目の多さです。長崎県などは新たに59人が新型コロナに感染したと発表しました。長崎県は特に感染が深刻な長崎市に対し8日から県独自の緊急事態宣言を発令します。
 
 新たに感染が判明したのは長崎市で36人、佐世保市で6人、壱岐市が4人、五島市、長与町、時津町が各3人、諫早市で2人、大村市、南島原市が各1人の計59人です。
 
 長崎市では新たなクラスターが発生しました。発生したのは長崎市銅座町の「のびる理容銅座店」で7日までにスタッフ5人の感染が確認されています。市はこの店を4月20日から5月1日までに利用し、心配な人は長崎市保健所に相談するよう呼び掛けています。
 
 また大規模クラスターが起きている長崎市田上2丁目の田上病院では新たにスタッフ1人の感染が確認され、この病院の感染者は45人に。
 
 3日にクラスターを公表した製造業の事業所でも新たに2人の感染を確認し、計10人となりました。また6日にクラスターを公表した長崎市内のカラオケ喫茶では新たに3人の感染が確認されこの店の感染者は14人となっています。
 
 また九州管区警察局は長崎県情報通信部所属で長崎市に住む50代の男性職員が新型コロナに感染したと発表しました。男性は1日に38.1℃の熱や咳、倦怠感などの症状が出て6日に検査で陽性と判明しました。
 
 クラスターが起きている諫早市の横尾病院で新たに入院患者1人の感染がわかり、感染者は29人となりました。
 
 壱岐市で判明した4人は全員、これまでの陽性者や県外の陽性者の接触者などです。県は壱岐医療圏の病床確保のフェーズを「2」から「4」に上げ、現在10床の確保病床を21床に増やすよう医療機関に要請しました。
 
 長崎県内の感染者の累計は2369人。5月に入り、わずか1週間で287人の感染が発表されています。
 
 中村知事は「とりわけ深刻な状況にある長崎市内に県独自の緊急事態宣言を発令させていただくものであります」と述べました。知事は緊急会見を開き、特に感染拡大が深刻な長崎市内にから県独自の「緊急事態宣言」を発令すると発表しました。
 
 11日までとしていた長崎市内の飲食店や遊興施設に対しての営業時間短縮を5月末まで延長すると発表しました。また長崎市内でカラオケ喫茶でのクラスターが多発していることからカラオケ設備を有する飲食店などについては5月末まで昼夜を問わず、カラオケ設備の提供を自粛するよう求めます。
 
 またさらなる人流抑制のため運動施設や遊技場などにも営業時間短縮の協力を求めます。対象となるのは劇場や映画館、ホテルや旅館などで午後8時以降の営業自粛の協力を要請します。協力金は支払いません。
 
 また知事は「まん延防止等重点措置」の要請に向け、国と協議することなどを明らかにしました。時期については九州各県の動向を踏まえ調整するとしています。