ニュースNEWS

【長崎】「ふるさとで心呼吸の旅」第2弾始まる

2021年04月15日

長崎県が県民限定の旅行代金割引キャンペーン「ふるさとで心呼吸の旅」第2弾の受け付けを15日から始めました。第2弾は県民が登録した県内の宿泊施設や旅行会社のツアーを利用する場合、代金の50%、上限5000円を補助するものです。15日から5月31日までの利用が対象で6月1日以降は土産物店や飲食店などで使えるクーポンが1人1泊2000円ついてきます。予約方法は宿泊施設に直接、予約する方法と旅行会社で購入する方法の2通りがあり、どちらも宿泊時に長崎県民であることを証明できるものが必要です。グループで宿泊する場合、1人でも県民以外がいれば割引は適用されません。新型コロナの感染状況によってはキャンペーンを途中で中止する場合もあります。すでに270を超える宿泊施設が登録していて随時増える予定です。ホテル長崎総務の山開学さんは「こういったキャンペーンがあって、長崎県民の方だけにはなりますが、多くの人に来てもらいたいと思っている。来た時にすぐ、お客さんに、ここは感染症対策をしているんだなというイメージを持ってもらいたい。常に感染症対策を意識した行動をとっていこうとしている」と話しました。消毒や検温のほか、ロビーの窓を全開にしたり、屋上に食事会場を設置したりして万全の対策で客を受け入れます。キャンペーンの利用方法や注意事項など詳しくは「ながさき旅ネット」の特設サイトをご覧ください。