ニュースNEWS

【長崎】「長崎スタジアムシティ」安全祈願祭

2021年04月09日

通販大手のジャパネットHDが長崎市に建設を計画する「長崎スタジアムシティ」の着工を前に安全祈願祭が行われました。完成予定地の内部が公開されるのは今回が初めてです。この場所に3年後にはスタジアムシティが完成する予定です。3月29日に三菱重工からジャパネットHDに引き渡しが完了した長崎市幸町の「三菱重工業幸町工場跡地」。関係者約15人が集まり、着工前の基礎解体工事開始に先立ち安全祈願祭を執り行いました。ジャパネットHDはサッカースタジアムやアリーナ、ホテル、商業施設などを備えた「長崎スタジアムシティ」の計画を進めています。各施設で最新の情報通信技術=ICTを活用した感染症対策を施し、スタジアムとアリーナは座席の間隔を空け、安全にゆったりと観戦できるよう設計します。ジャパネットHDの岩下英樹取締役は「相乗効果で長崎全体が盛り上がっていけるようなきっかけの一つとなるためにはどういうことをすればいいのかをここから1年2年しっかり考えて開業に挑みたい」と話しました。「長崎スタジアムシティ」は来年着工、2024年2月の完成を目指しています。