ニュースNEWS

大雨で大量の流木が港に 2日漁できず

2020年09月14日

 12日(土)の大雨の影響で長崎市茂木町では漁港に流木があふれ14日(月)まで漁ができませんでした。
 藤坂奈央アナウンサー「大きいものでは身長を越えるものもあります。こちらの大量の流木、すべてこの茂木港から引き揚げられたものです」
 12日(土)の大雨では、長崎市野母崎で観測史上最大となる1時間に101.5ミリの猛烈な雨を観測しました。茂木漁協によると今の時期はタチウオやクルマエビがとれる時期ですがきのうときょうの二日間は漁を取りやめ組合員らおよそ100人が流木の撤去作業に追われました。漁は、あすから再開する予定だということです。おとといの大雨ではこのほか長崎市で陥没した道路に車で転落した男性が軽いけがをしたほか、住宅4棟が一部損壊などの被害が確認されています。