ニュースNEWS

長崎市中総体を7月25日以降に開催

2020年05月22日

長崎市は県中総体が新型コロナ対策で中止となったことを受けて市の中総体を7月25日以降に開催することを決めました。長崎市は近畿3府県の緊急事態宣言が解除されたことを受けて22日午後5時半から新型コロナの対策本部会議を開きました。その結果、観光施設は6月1日から予定通り開くことを決めました。また市の中総体については中止となった県の中総体が行われるはずだった7月25日から27日に、コロナ対策を取った上で開催します。また市内108の小中高校では、授業の遅れを取り戻すため夏休みに登校日を設けます。市立小学校は夏休みの7月21日から31日の平日7日間の午前中を、市立中学校は7月21日から8月4日の平日7日間の午前中を登校日とします。市立の長崎商業高校は7月21日(火)と22日(水)、8月27日(木)、28日(金)、31日(月)の合わせて5日間、登校日を設けます。終業式は小学校が7月31日(金)、中学校が8月4日(火)、長崎商業高校は7月22日(水)に実施します。