ニュースNEWS

【長崎】ブレイクダンサーがレッドブル寄贈

2020年05月21日

長崎県佐世保市出身のブレイクダンサーがコロナ最前線で戦う医療従事者に感謝の気持ちを込めてエナジードリンクを贈りました。長崎県医師会館を訪れたのは佐世保市出身のブレイクダンサー「TAISUKE」こと野中泰輔さん(29)です。7歳でブレイクダンスを始め国内外の大会で通算50回以上も優勝するなど世界を舞台に活躍しています。長崎県内で新型コロナの対応に日々奮闘している医療従事者にお礼がしたいと自身のスポンサーでもあるエナジードリンク「レッドブル」720本を県医師会に贈りました。TAISUKEさん(29)は「自分たちがやることは戦うことだけではなくて色んな人たちに翼を授けていくというか色んな人たちに夢を与えるのも含めてそれが自分たちの役割」と話しました。寄贈されたレッドブルは新型コロナの集団感染が起きた三菱重工長崎造船所に停泊中のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」や長崎県内の感染症指定医療機関の医療従事者に届けられるということです。