ニュースNEWS

【長崎】小学生がチョコレート作りを体験

2022年05月11日

長崎市の小学生がチョコレートづくりを体験しました。体験したのは長崎市立諏訪小学校の3年生です。校区にあるチョコレートハウス「スぺクタクルラボ」を訪れました。長崎が伝来の地とされるチョコレートについて学び、地域への愛着も育む総合学習の一環です。まずはみんな大好きなチョコレートを実食。カカオの分量が違う3種類のチョコレートを食べ比べました。児童は「甘い!普通のチョコレートと全然違う」と話しました。

口溶けの滑らかなチョコレートづくりに欠かせない「テンパリング」も体験しました。いよいよチョコレートを、型枠に入れていきます。児童は「こんなにきれいに(チョコレートを)全部塗れたらうれしいし、まだ塗れてなかったら塗る楽しさもあっていいです」と話しました。ショコラティエに手伝ってもらいながらチョコレート作りに挑む表情は真剣そのもの。作り方だけでなく、チョコレートの歴史についても学び、地域の魅力を再発見しました。児童は「楽しかったし、上手にできて良かったです」「難しかったけど上手に作れてると良いなと思います」など話しました。でき上がったチョコレートは後日ラッピングして児童たちに配られます。