ニュースNEWS

【長崎】県内で新たに6人感染 新型コロナ

2021年06月20日

 県などは県内で新たに6人が新型コロナに感染したと発表しました。
 内訳は佐世保市で3人、長崎市で2人、佐々町で1人です。そのうち4人はこれまでの感染者の接触者で、2人は感染経路がわかっていません。
 佐世保のパート従業員の60代女性は、16日に37.8度の発熱や関節痛があり、19日に抗原検査を受け陽性とわかりました。市によると、症状が出る前日まで勤務していて、不特定多数の人との接触の機会はあるものの、パーテーションなどの感染予防対策がとられていたということです。濃厚接触者等は9人で、うち3人は陰性、残る6人の検査を調整しています。
 佐世保の30代男性会社員は、17日に感染が公表された市内の60代女性の濃厚接触者で、17日の検査では陰性でしたが、翌18日に喉の違和感、19日には39度を超える発熱があり、再検査したところ陽性と判明しました。今後、濃厚接触者6人を検査します。
 佐世保市の20代女性会社員も県内の陽性者の接触者で、無症状ですが経過観察で陽性とわかりました。自宅待機中だったため接触者はいません。
 長崎市の新規感染者は40代無職の女性と、年代職業非公表の男性です。2人は6月5日に感染がわかった患者の濃厚接触者で、約2週間自宅で療養していました。女性は喉の違和感、男性は40度の高熱が出たため検査した結果、陽性とわかりました。
 佐々町の性別・職業非公開の60代患者は18日以降、発熱や鼻づまり、頭痛の症状が出たため医療機関を受診し、陽性がわかりました。県外移動や県外の人との接触、大人数での会食など、感染の可能性が高い場面に心当たりはなく、感染経路は不明です。市は濃厚接触者4人を特定し、全員の陰性が確認されています。
 県内の感染者は累計3112人となりました。