ニュースNEWS

【長崎】県内の新規感染者29人 障がい者施設で新たなクラスター

2021年06月05日

5日、長崎県内では佐世保市で20人、長崎市で6人、時津町、西海市、長与町で各1人、計29人の新型コロナ感染が新たに発表されました。このうち佐世保市の15人、長崎市の4人、時津町、西海市、長与町の各1人は、すでに陽性と判明した人の濃厚接触者で、佐世保市の5人、長崎市の2人は感染経路不明の初発事例です。
長崎県は、佐世保市の新規感染者2人と、これまで発表した4人を合わせて6人の陽性が確認された佐々町の障がい者福祉施設をクラスターとして発表しました。利用者が特定できているとして施設名は公表していません。検査対象者は職21人、利用者67人の計88人で、4日までに約40人が陰性、残りの約50人も早急に検査を進めるとしています。
佐世保市では海上自衛隊の20代と30代の男性隊員2人の感染も判明しました。20代の男性隊員は艦艇の乗組員で陽性者の濃厚接触者として5月27日のPCR検査では陰性でしたが、6月1日に鼻づまりの症状が出て、4日に再度PCR検査を受け陽性と判明しました。30代の陸上勤務の男性隊員は初発事例で、2日に自宅で38.2度の発熱や頭痛の症状が出て、4日にPCR検査を受け陽性と判明しました。同僚5人を濃厚接触者等として今後検査する予定です。
また佐世保市では3日にクラスターと発表された塩浜町のバー「Bluepoison(ブルーポイズン)」で新たに20代の男性会社員の感染が判明し、クラスターは9人となりました。
西海市の40代男性は市の職員で、県内の陽性者の濃厚接触者として5月31日に受けたPCR検査では陰性でしたが2日に痰、3日に発熱の症状が出たため、4日に再度PCR検査を受け陽性と判明しました。5月24日から28日まで西海市役所で勤務していましたが、市民と接する業務ではなかったということです。29日以降は出勤していません。庁舎は30日に消毒を実施し31日から通常通り開庁しています。
長崎県内の新型コロナ感染者数は累計2979人となりました。