ニュースNEWS

生後4カ月の乳児を車内放置しパチンコ…母親と交際相手逮捕

2021年04月04日

 諫早市で生後4カ月の女の子を車の中に放置してパチンコを打っていたとして、母親とその交際相手の男が逮捕されました。
 保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは福岡県の介護士塩塚麻美容疑者(37)と、諫早市の会社員松嶋一樹容疑者(40)です。諫早署などによると、3日午後4時前、諫早市永昌町のパチンコ店の立体駐車場で、巡回していた店の警備員が駐車中の軽自動車の後部座席のチャイルドシートで泣いている生後4カ月の女の赤ちゃんを発見しました。女の子は塩塚容疑者の娘で、交際関係にある松嶋容疑者と午後1時20分ごろに来店し、女の子を2時間半近く車の中に放置していました。2人は容疑を認めていて、女の子の体調に別状はないということです。県内では2018年8月に東彼・波佐見町で1歳の女の子が車の中に放置され熱中症で死亡する事故が起きていて、警察は「買い物などちょっとの時間でも小さい子ども、特に乳児から目を離さないように」と注意を呼び掛けています。