ニュースNEWS

県内に新型コロナ警戒警報発令

2020年12月23日

23日に発表された新型コロナウイルス感染者は12人で、長崎県内の感染者累計は457人となりました。知事は感染段階のステージを3に引き上げ県内に警戒警報を発令しました。 
佐世保市では新たに感染者2人が確認されました。一人は学校関係者でもう一人は自営業の男性(50代)です。いずれも県内で陽性が確認された人の濃厚接触者でした。佐世保市議の関連で検査していた市議20人は22日に全員陰性が確認されました。長与町では飲食店関連の女性1人が感染しました。長崎市内のクラスター発生地域の飲食店従業員を対象とした検査で陽性が確認されました。
長崎市では病院の入院患者らを含む9人の感染者が確認されました。井上病院はホームページで外来患者と新規入院患者の受け入れ中止を発表。長崎北病院は23日に新規入院患者の受け入れを停止しましたが、ホームページで24日から再開すると発表しました。日赤長崎原爆病院も職員1人の感染確認をホームページで発表しました。
午後5時半から会見を開いた中村知事は、1週間の感染者数が112人に達していることなどから感染段階のステージを2から3に引き上げ、県内に「警戒警報」を発令すると発表しました。感染拡大地域への訪問はその必要性を検討し、訪問の際は飲酒を伴なう会食は控えることや、県内でも家族以外の人との飲酒を伴なう5人以上の会食は控えるよう呼び掛けています。また、感染拡大地域からの帰省については、自身の健康状態を見極めたうえで慎重に判断するよう求めています。