ニュースNEWS

【長崎】脇岬で1時間雨量62ミリ 非常に激しい雨

2022年06月21日

梅雨前線が九州に停滞し21日朝は長崎市などで非常に激しい雨が降りました。牧山貴光記者:「午前7時過ぎの長崎市です。たたきつけるような大粒の雨が地面を打っています」。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が非常に不安定となり、21日朝は長崎県南部を中心に大雨洪水警報や土砂災害警戒情報が発表されましたが午前9時半ごろまでに全て解除されました。21日朝1時間に降った雨の量は長崎市脇岬で62ミリ、福江で39ミリなどを観測しました。長崎県内は非常に激しい雨の降る恐れはなくなりましたが、南部と五島では昼過ぎまで土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。