ニュースNEWS

ワクチン先行接種始まる 長崎県内のスケジュールは

2021年02月17日

国内で初めてとなる新型コロナウイルスのワクチンの「先行接種」が17日朝、東京都内の医療機関で始まりました。気になる県内のワクチン接種のスケジュールは?東京医療センターの新木一弘病院長は「初めての注射なのでどうかなと思っていたが、全く痛くなかったので安心した」と話します。接種を受けたスタッフは「特に痛みも腫れもない」と話しました。ファイザー社製のワクチンの先行接種は、全国の国立病院など約100の医療機関の医療従事者4万人が対象です。厚労省は先行接種を受ける人のうち2万人に健康状態を調査し、副反応などの情報を定期的に公表する方針です。医療従事者への先行接種は長崎県内では大村市の長崎医療センター、諫早総合病院、佐世保市の長崎労災病院の医師や看護師が対象です。この3つの医療機関では週明け22日から合わせて1000人以上の医療従事者の接種を進め、3週間空けて3月中には必要な2回の接種を終える予定です。そのあと政府は4月から全国約3600万人の高齢者向けの接種を始める考えです。さらにそのあと持病のある人や高齢者施設などの従事者、60歳から64歳の人、そして一般へと接種を進めます。高齢者や一般の接種について長崎市の田上市長は16日、「かかりつけ医」などでの「個別接種」を軸とする方針を示しました。田上長崎市長:「長崎市としては診療所が非常に多い街であって、かかりつけの先生方が非常に多い街という特徴があります。そうした長崎市の特徴も生かして個別接種を基本とした接種体制の準備を進めています。「高齢者の皆さんを4月からワクチン接種が出来るようにしっかりと準備を進めていきたいと思っております」。長崎市は現在市内約500の医療機関のうちどれくらいの病院がワクチンの接種に協力してくれるか医師会と協力してアンケート調査をしています。この結果を元に、公共施設などで一斉に行う「集団接種」も併用する必要があるかどうかを判断します。