ニュースNEWS

新型コロナ 県内で69日ぶりにゼロ

2021年02月14日

 14日、長崎県内で新型コロナウイルスの新たな感染者の発表はありませんでした。県内の新規感染者のゼロは、去年12月6日以来69日ぶりです。
 県内では去年12月以降、医療機関や高齢者福祉施設、教育機関などでクラスターが相次ぎ、12月7日以降、毎日感染者が発表されていました。1月6日、県は県内全域に特別警戒警報を出し、8日には1日当たり過去最多の60人の感染が判明。その後も高止まりが続いたため、1月16日、県は長崎市に県独自の緊急事態宣言を出し、県内全域の飲食店などには営業時間の短縮を要請して市中感染の抑制を図りました。1月30日以降感染者数は1桁が続き、2月13日は69日ぶりに新たな感染者が確認されず、14日の発表はゼロとなりました。
 長崎市と佐世保市では特別警戒警報が継続されていて、県と両市は今月21日(日)まで不要不急の外出自粛などを呼びかけています。