ニュースNEWS

2019酒と食の提案会

2019年10月10日

今年のトレンドを紹介するお酒の提案会が長崎市で開かれました。「酒と食の提案会」は県内の卸売業者の西九州酒類販売と長崎日酒販が販売店や飲食店向けにトレンドを踏まえた商品を紹介しようと毎年開いているもので今年で15回目です。出店メーカーは県の内外の約110社、1600種類ものお酒が並びます。中には長崎の県産酒をもっと知ってもらおうと県内20以上の酒蔵の一押し商品もズラリ。東彼杵町からは、そのぎ茶農家が手掛ける「ミニトマト」で作った世界初となる「ミニトマトワイン」がお披露目されました。ほかにもお馴染みのラインナップから、はやりに合わせた商品など様々なお酒が数多く並びます。メーカーは販路拡大へ。酒店や飲食店は消費者の好みを踏まえた品揃えに向けて吟味を重ねていました。