ニュースNEWS

大村で「ふくしげ竹灯篭まつり」

2017年11月28日

25日と26日の2日間、大村市の福重地区でふくしげ竹灯篭まつりが開かれました。
ふくしげ竹灯籠まつりは、地域の活性化と生い茂る竹の有効活用を目的に開いています。稲の収穫を終えた田んぼに約2万本の竹が飾られ、一つひとつ暖かい明かりが灯されました。実行委員会の清水正人(64)実行委員長は「(竹の加工に)18団体のスタッフが毎晩2時間、2ヵ月間大変な作業でした。涙が出るくらいうれしいです。最高です」と話しました。とっぷりと日が暮れると、幻想的な風景が広がりました。大村市から来た人は、「すごく奇麗でした。一個一個手作りされていて、心がこもって奇麗でした」と話していました。ふくしげ竹灯籠まつりは来年も開催される予定です。