ニュースNEWS

光永寺のイチョウが見頃

2017年11月27日

長崎市光永寺のイチョウが見ごろを迎えています。
1614年に創建した光永寺。福沢諭吉が19歳の時、長崎に来た際に泊まったことでも知られます。境内のイチョウの木は創建と同じ頃植えられたといわれています。原爆の爆風にも耐えたイチョウの木。葉を黄色く染め、青空のもと悠然と佇みます。今がまさに見ごろです。訪れた男性は、「今1番いいですね。もう本当最高ですよ。自然の雄大さを感じます。元気もらいます」と話していました。訪れた人たちは写真を撮るなどしてその美しさに見入っていました。