ニュースNEWS

小学生(7)がはねられ死亡

2018年06月13日

長崎市で小学校低学年の男の子が車にはねられ死亡しました。午後6時24分ごろ長崎市花丘町で「男の子が車にはねられた。頭から出血している」と近くにいた男性から消防に通報がありました。警察によりますとはねられたのは7歳の山脇昴汰(やまわき・こうた)君で、頭を強く打ち死亡しました。現場はバス通りから入った信号のない交差点です。警察によりますと山脇君は、ひとりで歩いていたとみられています。警察は、車を運転していた45歳の会社役員力久智行容疑者を現行犯逮捕しています。