ニュースNEWS

ロボットコンテスト全国大会優勝と準優勝報告

2018年02月07日

ロボットの全国コンテストで優秀な成績を残した中学生2チームを長崎市教育委員会が表彰しました。ロボットの全国大会で最高位の「文部科学大臣賞」を受賞したのは長崎市立日吉中学校3年の入江翔平くん(15)率いるチーム「チャレンジ4」。そして準優勝したのは、長崎市立茂木中学校2年の成瀬蘭華さん(14)率いるチーム「もっちー」です。2チームが出場した活用部門は制限時間90秒の間に自分のチームの色のカップに同じ色のボールを多く入れた方が勝ちです。日吉中学校はボールを吸い込んでカップに落とし確実にボールを入れるロボット。一方、茂木中学校は多くのボールをつかむロボットで挑みました。日吉中学校は2年前にも同じく「活用部門」で「文部科学大臣賞」を受賞しています。