ニュースNEWS

陛下の退位 来年4月30日で決定 県内の反応

2017年12月01日

天皇陛下が退位される日程が決まりました。県内からもさまざまな声が聞かれました。天皇陛下の退位の日程を決めるための皇室会議が宮内庁で開かれ、再来年4月30日に天皇陛下が退位し、翌5月1日に皇太子さまが即位される日程を固めたと安倍総理大臣が発表しました。陛下は3年前の長崎国体開会式ご出席など天皇即位後6回、皇太子時代にも4回、県内にお越しになっています。元知事の高田勇さんは雲仙・普賢岳災害の際のお姿が特に印象深いと振り返りました。「陛下の市民の生活、命を思う気持ちがものすごく心配になっているのが僕自身よく分かる。陛下のご即位後最初の自然災害でありましたから、ありったけのご配慮をいただきましたから、何とも申し上げようがないですね。もう感謝感謝感謝のいっぱいです」と語りました。皇室会議の意見は、来週5日に行われる閣議に報告され、8日の閣議で退位の日程を正式に決定します。