ニュースNEWS

映画「こはく」市民オーディション

2018年02月12日

佐世保市出身の映画監督・横尾初喜さんの新作映画「こはく」の市民オーディションが開かれました。
映画「こはく」は、幼少期に両親の離婚によって心に深い傷を負った主人公が母と兄とともに別れた父を探す中で、生きる幸せや愛に気付いていくという物語で、横尾監督2作目の長編映画です。主人公の幼少期役などを選ぶオーディションには県内外から約230人の応募があり、12日に県庁でオーディションがありました。参加した小学生は、「どきどきします」や「泣けるようにがんばります」などと話していました。オーディションは18日(日)にも佐世保市の中央公民館で開かれます。映画「こはく」は来年、公開予定です。