番組基準

1.

長崎文化放送は、社会的責任と公共的使命を重んじ、不偏不党の立場に立って事実を伝え、公正な姿勢を貫くとともに、放送の品位を高め、表現の自由を堅持する。放送に当たっては、民間放送の特色を生かし、豊富多彩、健全かつ清新な番組編成を方針とし、正確迅速な報道、豊かな生活情報および多種多様な魅力ある芸能娯楽を提供、文化の向上、教育・教養の普及に寄与する。また、広告の公正な媒体として、公共の福祉と産業経済の繁栄に貢献し、社会の良識と信頼に応えるものとする。

2.

番組の編成に当たっては、報道番組、教育番組、教養番組、娯楽番組および広告などの調和を図り、その配列は視聴者の生活時間を考慮して構成する。内容については、その質的向上と品位の保持に努め、普遍性のある香り高い放送を目指すものとする。

以上の基本方針に基づき、編成する番組種別は次のとおりとする。

報道
 社会にとって重要なあるいは関心のある時事的な出来事や動きを報じる番組。

教育
 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組であって、学校教育または 社会教育に資することを意図した番組。

教養
 知見を広め、情操を豊かにし、倫理性を高め、かつ生活の向上を意図した番組。ただし、教育に属するも のを除く

娯楽
 スポーツ、音楽を含め、生活を明るくし、楽しく豊かにすることを意図した番組。

その他
(1)通信販売 商品又はサービスの通信販売を目的とした番組。
(2)その他 上記のいずれにも属さないもの。

3.

番組および広告の企画、制作、実施に当たって守るべき基準については、「日本民間放送連盟放送基準」に準拠する。

平成26年11月 1日改訂

平成28年 3月 1日改訂

日本民間放送連盟: http://www.j-ba.or.jp