ニュースNEWS

アメリカインディアナポリス大が長崎訪問

2017年05月18日

平和について学ぶアメリカの学生たちが被爆地・長崎を訪れました。訪れたのはアメリカ・インディアナポリス大学の学生10人と長崎平和特派員の天野京子教授(52)です。天野教授は2010年から大学で核兵器の悲惨さや被爆者が歩んできた道のりを教える「広島・長崎講座」を開いていて現地学習のため長崎を訪れました。学生たちは平和祈念像に千羽鶴を献納して原爆の犠牲者に黙とうを捧げました。このあと学生たちは3つの班に分かれ、浦上天主堂や山王神社の一本足鳥居などの被爆遺構を見学しました。19日は原爆資料館を見学して被爆者の体験を聞き、20日に長崎を発つ予定です。