ニュースNEWS

【長崎】ひとり親家庭を支援「ベッカライマルシェ」

2021年02月23日

ひとり親家庭を支援するマルシェが長崎市で開かれました。手作りのアクセサリーや手編みのブローチなどかわいらしい雑貨が並びます。長崎市元船町の「ベッカライ長崎」の2階で初開催の「ベッカライマルシェ」。パン職人の西島直孝さん(48)が23日、コロナ禍で出店の機会が減った手作り作家を支援するため無料で場所を提供し、売り上げの一部を「ひとり親家庭福祉会長崎」に寄付しようと開きました。長崎県内8人の作家が参加し、アメリカから輸入した子供服や手作りのマスクや帽子、エコバッグなどを販売しました。西島さんは「本当に厳しいという声を聞くからですね何か自分自身もコロナで影響受けているが、みんなで乗り切っていければなと思ってやっています」と話しました。「ベッカライマルシェ」は今後、月に1度開く予定で、次は3月13日(土)に開かれます。