ニュースNEWS

今年で17年目「島商ップ」開店

2020年10月19日

島原商業高校の生徒が商店街の空き店舗で商品を販売する「島商ップ」が今年も始まりました。
「島商ップ」は、商業科の生徒が実際に商店での販売を体験するとともに、商店街と地域の活性化に取り組むもので今年で17年目です。開会式では吹奏楽部の演奏や保育園児のかわいい演技が披露されました。空き店舗を利用した商店では、島原商業高校をはじめ、島原農業、島原工業、島原特別支援学校の生徒が製造した商品が販売されています。うどんやまんじゅう、手作り小物など、品揃えは200種類を超えるとあって、地元の人たちがさっそくエコバッグ持参で訪れていました。「島商ップ」は12月まで主に土曜と火曜に開店します。