ニュースNEWS

亀山電機が佐世保高専に寄付金

2020年07月02日

ソフトウェア・アプリケーションなどの開発を手掛ける会社が佐世保工業高等専門学校に寄付金を贈りました。
長崎市に本社がある亀山電機は、2015年から会長の母校・佐世保高専に研究の強化などにつなげてほしいと毎年100万円を贈っています。今年は創業25年を記念して専門書の購入費用として25万円を追加しました。亀山電機の北口功幸会長は「国内で仕事が完結することはほとんどないんでですね。英語、技術面でもそうですし世界に目を向けてやってほしいなと思っています」と話しました。亀山電機では佐世保高専の卒業生が6人働いているということです。