ニュースNEWS

コロナ集団感染のコスタ・アトランチカ8日も5人が帰国へ 陽性者も近く帰国へ

2020年05月07日

新型コロナの集団感染が起きた長崎港のコスタ・アトランチカでは感染していないクルーの帰国が相次ぎ7日も17人が船を降りました。長崎県は陽性者についても経過観察が終了次第、帰国に向けて支援する考えです。県の中田福祉保健部長は「陽性の方の経過観察の開始日は検体採取日となっていますので、当然陰性の人よりは遅れるんですが今週末にはすべての人が最終日を迎える」と話しました。アトランチカの船内では149人が新型コロナに感染し、5人が現在も長崎市内の指定医療機関に入院しています。国などは陽性の人でも2週間の経過観察を終え、無症状や症状が改善した人は受け入れ国側とも協議しながら帰国させる考えです。県の中田福祉保健部長は今週末ですべての陽性者の経過観察期間が終わることを明らかにした上で帰国に向けた支援を行うと話しました。アトランチカでは7日までに217人の陰性者が帰国しています。8日も5人が帰国の途に就く予定です。