ニュースNEWS

県議会一般質問1日目

2019年12月03日

県議会一般質問で知事は石木ダムや新幹線など県の重要施策について積極的に取り組む姿勢を示しました。雲仙市選出の徳永達也議員は先月18日の用地の明け渡し期限後も反対地権者の同意が得られていない石木ダム建設事業について知事の思いを聞きました。中村知事は「近年の自然災害の状況などみても、石木ダムは必要不可欠な事業。県としては工事の進捗に全力を尽くしていく」と答えました。また佐賀県との協議が進展せず来年度予算への関係予算計上が危ぶまれる新幹線長崎ルートについては「国交省が政府予算案への計上を目指し佐賀との協議を最大限続けていると聞いている。県も必要な努力を続けていく」と話しました。新幹線長崎ルートをめぐっては、今週中にも政府与党のプロジェクトチームが会合を開き、環境アセス費用の予算計上に向けての協議をしますが反対する佐賀県が協議の場にもつかずきわめて厳しい状況です。