ニュースNEWS

川棚町職員が飲酒運転で停職6カ月

2019年10月10日

川棚町の職員が飲酒運転で停職6カ月の懲戒処分を受けました。川棚町総務課の28歳の男性主事は先月28日の夜、町内の飲食店などで翌午前1時半ごろまで酒を飲み、駐車場に止めた自家用車で仮眠したあと、午前3時ごろ、酔いがさめていないことを自覚しながら車を運転。およそ1キロ先のコンビニエンスストアに車を止め、屋外の喫煙所付近で寝込みました。店の通報を受けた川棚署の署員に同行を求められ、アルコール検査で基準値をはるかに超える数値が検出されました。川棚町の山口文夫町長(72)は「大変遺憾。今後、職員の綱紀粛正の徹底を図り、信頼回復に努める」との談話を発表しています。