ニュースNEWS

精霊流し 準備進む

2019年08月14日

台風の影響が心配されますが15日の精霊流しに向け船は準備万端のようです。長崎の街を走る赤いタクシー。長崎最大手のタクシー会社ラッキー自動車の川添一巳会長の精霊船です。3連で全長21メートルの船の祭壇には遺影とともに大好きだった読売ジャイアンツのマスコットキャラクター「ジャビット」が飾られています。川添会長は早稲田大学を卒業後、ラッキー自動車に入社。1987年に社長、2012年に会長となり、タクシー事業だけでなく観光業や福祉サービスなど様々な事業を展開し、県内最大手の会社に育て上げました。また、長崎商工会議所の副会頭や長崎国際観光コンベンション協会の会長も務め長崎の経済に尽力してきました。座右の銘は「挑戦」。優しくも仕事には厳しく負けず嫌いで亡くなる直前まで常にアンテナを張り、新しい事業を提案していたといいます。船は親族や社員140人の手で送られます。