ニュースNEWS

ハウステンボスで「鈴木敏夫とジブリ展」13日開幕

2019年07月12日

九州初開催です。「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」など多くのジブリ作品を手掛けたプロデューサー鈴木敏夫さんの展覧会が13日(土)からハウステンボスで開かれます。テーマは「言葉」です。ジブリ作品の世界観や本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木さん自身による書の数々です。展示数は約600点。「もののけ姫」の“生きろ”や「崖の上のポニョ」の“生まれてきてよかった”などキャッチコピーや題字などで筆をふるってきた鈴木さんの力強い言葉の数々に触れることができます。「千と千尋の神隠し」に登場した油屋を支配する「湯婆婆」と、双子の姉「銭婆」の“開運・恋愛”おみくじコーナーもあります。大人から子どもまでジブリの世界観に浸れます。一般公開は7月13日から9月23日までです。