ニュースNEWS

トンネル内で軽トラ燃える けがなし

2019年06月12日

12日朝、長崎バイパス下り線のトンネル内で走行中の軽トラックから火が出ました。けがをした人はいませんでしたが一時通行止めになるなど通勤時間帯に影響が出ました。午前8時前、長崎市松原町の長崎バイパス下り線の東長崎トンネル内で「軽トラックから火が出ている」と後続車などから110番通報がありました。駆け付けた消防隊が消火に当たり、火は約30分後に消し止められました。車の中央の下の付近から火が出て前の部分が焼けました。軽トラックを運転していた諫早市貝津町の58歳の介護士の男性は脱出し、けがはありませんでした。現場は2車線で、約30分間全面通行止めとなり、その後、片側通行となりました。通勤時間帯と重なり、最大1キロの渋滞が発生しました。