ニュースNEWS

県庁で地震初動対応訓練

2019年05月15日

大規模な地震が起きた際の初動対応を確認する訓練が県庁でありました。県庁での訓練の実施は1年3カ月ぶりです。マグニチュード7.1の地震が発生し、大村市で震度6強、諫早市で震度6弱などを観測した想定です。関係部局の職員が集まって被害情報の収集に当たり、防災ヘリによる上空からの偵察、屋上へリポートに着陸する手順や被災地の役場とテレビ会議をする手順などを確認しました。県では今後、夜間や休日など執務時間以外に災害が起きた場合の訓練も検討したいとしています。