ニュースNEWS

旧県庁舎の時計塔解体始まる

2019年04月15日

おととし役目を終えた旧県庁舎の時計塔の解体が始まりました。午前9時、重機で地上36メートルの時計塔の壁を崩し始めました。64年間、4つの鐘の音で毎日5回、時刻を知らせていた時計塔。15日から4日ほどで解体されます。外壁の解体は先月4日に始まり、約4割が進んでいます。来月までに地上部分が全て解体され今年10月に全ての工事が終わる予定です。