ニュースNEWS

小島養生所遺構巡る住民投票請求署名数が確定

2017年12月05日

日本初の西洋式近代病院小島養生所の遺構の敷地に新しい小学校を建てるかどうか。住民投票の直接請求に向けた署名の数が確定しました。長崎市西小島1丁目の仁田佐古小学校の建設予定地からは小島養生所や付設の分析究理所の遺構が見つかりました。「養生所等遺跡の完全保存を実現する市民の会」は先月、市の選挙管理委員会に完全保存の賛否を問う住民投票条例の制定を求める1万6889人分の署名を提出しました。これを選管が確認し5日、市長に直接請求するのに必要な有権者の50分の1、約7200人の2倍以上に当たる1万5776筆が有効と確定しました。これを受け市民の会は7日、田上市長に直接請求します。早ければ現在開かれている11月定例会に市長が意見を付けて提案し、その可否が審議されます。住民投票をめぐり田上市長は去年、公会堂と新市庁舎についての3回の直接請求にすべて反対意見を付けて提案し、3回とも議会が否決しています。