ニュースNEWS

九州商船従業員ら25日からストライキの可能性

2017年12月05日

九州商船で働く海員組合員が不当労働を訴え、改善されない場合今月25日(月)の1便以降全ての航路をストライキすると発表しました。ストライキに参加するのは九州商船で働く全日本海員組合の組合員112人です。組合によると1990年からジェットフォイルの整備場で働く従業員は全て海員組合員でしたが、おととし12月、九州商船から「新たに雇用した従業員を整備場に配置したい」という申し入れがありました。組合は「労働協約により整備場は海員組合の職域であり雇用の安定が損なわれる」として13回にわたり団体交渉を行ってきましたが、今年10月決裂しました。組合は県の労働委員会に救済を申し立て不当労働が認められましたが、九州商船が行政命令に応じないとして今月25日(月)の朝の1便から全便を対象に無期限でストライキを行うと発表しました。組合は「九州商船が自主解決に向け、団体交渉を再開するならストは回避できる」としています。