ニュースNEWS

波佐見町で干支の置き物作りがピーク

2017年12月05日

東彼・波佐見町で来年の干支「戌」の置き物作りが最盛期を迎えています。波佐見町の焼き物工房「アトリエやま」では、9月上旬から作業を始めました。溶かした土を型に流し、40分ほど置いたあとゆっくりと型を外すと原型ができます。これを乾燥し、素焼きをして目や鼻を描きます。釉薬を掛けたあと1300℃の窯で20時間ほど焼くと完成です。かわいい犬の置き物は全部で5種類。ブルドッグやダックスフントなども人気だそうです。全国のデパートや小売店から1300個の注文がきているそうです。