ニュースNEWS

史跡出島で西洋陶器の特別企画展

2017年11月25日

長崎市の史跡出島で、表門橋の完成に合わせ交易の歴史に関わりの深い西洋陶器の特別企画展が始まりました。
出島内の会場には、19世紀前半にイギリスやオランダで作られた陶磁器が展示され、出島を通じた陶磁器の交流を紹介しています。当時のヨーロッパでは東洋の影響を受けた作品が多く生産され、絵柄に「薔薇」が多く使われているのも特徴のひとつです。出島からもこのような西洋陶器が数多く発掘されています。長崎市出島復元整備室の学芸員山口美由紀さんは、「絵柄の美しさ、文様のバリエーション、そういったものも間近で見ていただけるといいかなと思います」と話しました。特別企画展「出島の青い薔薇」は、史跡出島で2018年3月18日(日)まで開催されています。この企画展は無料ですが、出島への入場料が必要です。料金は大人510円、高校生200円、小中学生は100円です。15人以上の団体料金もあります。お問い合わせは、長崎市出島復元整備室、095-829-1194まで。