ニュースNEWS

警察官駐在所夫婦が防犯呼びかけ

2017年11月23日

駐在所のおまわりさん夫婦が寸劇で高齢者に防犯を呼びかけました。佐世保のお年寄りにひそかに人気を呼んでいる佐世保警察署の講習会。警察官による寸劇で高齢者に特殊詐欺や交通事故への注意を呼びかけます。九十九地区の講習会に登場したのは佐世保市下船越町の駐在所に勤務する種子田正巡査部長(39)と妻・明子さん(45)です。架空請求詐欺でだまされそうになる高齢夫婦「種さん」を本物の夫婦がそろって熱演しました。明子さんは寸劇を通して「来やすい入りやすい交番、駐在所になればいいかな」と話しました。佐世保署管内では今年、先月末までに9件特殊詐欺が起きていて被害額は約4800万円にのぼります。今後も精鋭の劇団員たちは詐欺被害の防止を呼びかけます。