ニュースNEWS

2年ぶりに長崎ーシンガポール国際チャーター便運行

2017年11月21日

海外からのさらなる観光客増加に新たな取り組みです。長崎とシンガポールを結ぶ国際チャーター便が2年ぶりに運行しました。朝8時すぎ、長崎空港に着陸したのはシンガポール航空の子会社シルクエアーの機体です。シンガポールからの観光客142人を乗せ長崎へやってきました。シンガポールからの国際チャーター便の就航は2015年12月以来2年ぶり。県空港活性化推進協議会の支援を受け旅行代理店大手のJTBが企画したもので大分や鹿児島にも運航しています。シンガポールからの観光客は雲仙や長崎市内を巡り熊本などを訪れた後25日に大分空港からシンガポールへ帰る予定です。また、今回初めて復路便を利用し長崎から140人がシンガポールへ向けて出発しました。県は今回の運航で市場の動向や需要、観光客の受け入れ態勢などを見て定期運航につなげたいとしています。