ニュースNEWS

谷口稜曄さんを偲ぶ会

2017年11月18日

2017年8月に亡くなった被爆者の谷口稜曄さんの追悼式が行われました。谷口さんは16歳の時 爆心地から1.8キロの住吉町で被爆。熱線で焼けただれた自らの「赤い背中」の写真を手に半世紀以上 国の内外で核廃絶と世界平和の実現を訴え続け2017年8月に88歳で亡くなりました。追悼式には会長を務めた被災協の会員や関係者ら117人が出席し花を手向け黙祷を捧げました。