ニュースNEWS

県民表彰 特別賞にV長崎

2017年11月17日

県が地方自治や文化、スポーツなどの分野で功績を挙げた人に贈る「県民表彰」に今年は141の個人と団体が選ばれました。特別賞には設立13年目、J2参入5年目にして初のJ1昇格を決めたV・ファーレン長崎。柔道では世界カデ柔道選手権大会男子66㎏級で優勝した長崎日大高校の桂嵐斗選手(16)、世界ジュニア柔道選手権大会で100㎏級3位の山口貴也選手(18)が受賞しています。このほかウエイトリフティングの全国高校選抜大会と高総体で優勝した西彼農業高校3年西田裕選手(18)やえひめ国体で優勝したソフトボール競技少年女子県選抜などが受賞しています。また「朝鮮通信使に関する記録」について県内で初めてユネスコの「世界の記憶」への登録に尽力した対馬市のNPO法人理事長松原一征さん(72)にも特別賞が贈られます。今年は去年より10件多い15歳から93歳の112人と29団体に贈られ、表彰式は23日(木・祝)、勤労感謝の日に県議会議場で行われます。