ニュースNEWS

長崎で初開催「森の教室」

2017年11月16日

子どもたちが森林の大切さを学びました。全国を巡って子どもたちに森林の大切さを教えている「森の教室」。国土緑化推進機構と長崎県緑化推進協会がファミリーマートと協力して5年前から始め長崎では初開催です。長崎南山認定子ども園の0歳から5歳の園児を前に緑の募金キャラクター「どんぐりくん」たちがクイズやダンスを交えながら森の役割などを教えました。ショーの後は実際に自分たちでどんぐりを植えます。植えたどんぐりは2、3年後、県内の森に植樹される予定です。