南島原市

MINAMISHIMABARA-CITY

 室町時代末期、南蛮船が口之津港に来航し西洋文化が花開き、今も数多くのキリシタン関連遺産が点在する歴史と文化のまち、南島原—。

温暖な気候と肥沃な土壌は、四季折々の豊富な農林水産物を提供してくれます。

さらに、特産品の島原手延そうめんは全国2位の生産高を誇ります。

 現在、南島原市では、「おいしい南島原」をテーマに食・自然・歴史・観光などの魅力を発信しています。
 ぜひ一度、南島原の“魅力”に出会いに来てみませんか?