• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第248回 課題番組 「NCC開局25周年記念番組「ナガサキ・ホテル物語~長崎・奈良100年の時を超えた晩餐~」」

番組審議会

第248回 課題番組 「NCC開局25周年記念番組「ナガサキ・ホテル物語~長崎・奈良100年の時を超えた晩餐~」」

1.開催年月日

平成26年11月25日(火)午後2時から同3時半まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  9名
出席委員数 8名

■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】平野 陽子
【委員】遠田 公夫/田中丸道子/中牟田真一/草野 幸子/小島達也/宮田隆

4.議題

1.

課題番組 NCC開局25周年記念特別番組「ナガサキ・ホテル物語~長崎・奈良100年の時を超えた晩餐~」について
(11月3日午後2時~同55分放送)

2.

次回の第249回放送番組審議会は平成27年1月26日午後4時から。(12月は休会)
課題番組「はなきん」(毎週金曜午前10時~同30分放送)

5.課題番組「ナガサキ・ホテル物語~長崎・奈良100年の時を超えた晩餐~」についての審議内容

 古写真でホテルを再現し、雰囲気や規模が想像でき、長崎の歴史は今も生きているという実感があった。
 食器類発見の経緯だけではなく、居留地の状況説明もあり、情報量豊富で番組に広がりがあった。
 居留地の歴史、長崎の素晴らしさを再確認。見ていて心地良さを感じた。
 古写真を使った当時の再現が分かりやすく、内容に一貫性があった。
 売却された食器類の当時と現在の価格を示してほしかった。
 ホテル復元への夢のある提案がほしかった。


以上