• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第250回 課題番組 「開局25周年記念番組「九十翁 故郷を描く 松尾敏男―文化勲章・名誉県民の日本画家」」

番組審議会

第250回 課題番組 「開局25周年記念番組「九十翁 故郷を描く 松尾敏男―文化勲章・名誉県民の日本画家」」

1.開催年月日

平成27年2月23日(月)午後2時から同3時半まで

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  9名
出席委員数 7名

■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】平野 陽子
【委員】遠田 公夫/田中丸道子/草野 幸子/小島達也/宮田隆

4.議題

1.

課題番組 開局25周年記念番組「九十翁 故郷を描く 松尾敏男―文化勲章・名誉県民の日本画家」について(1月31日午後4時~同55分放送)

2.

次回の第251回放送番組審議会は3月23日午後2時から。
課題番組 開局25周年記念番組「150年目の巡礼~信徒発見から世界遺産へ~」(2月28日午後2時30分~同3時25分放送)

5.課題番組「九十翁 故郷を描く 松尾敏男―文化勲章・名誉県民の日本画家」についての審議内容

 大作が完成するまでの制作過程がよく分かり、興味深かった。
 絵を志す人に見せたい番組。
 松尾さんが語る言葉や作品から絵に対する思い、人柄がよく分かり心に響く。
 松尾さんが故郷や芸術について語る言葉に感性を刺激された。
 人生訓話、生きざまを教えてもらったようだ。
 下絵を筆と墨で描く理由、濃淡を出す技法を知ることができ、あらためて驚いた。
 長崎出身の著名な画家がいることを県民として誇りに思う。


以上