• ホーム
  •  > 会社概要
  •  > 番組審議会
  •  > 第287回 課題番組「シマでみつけたタカラモノ~鈴木奈々も感動!長崎・新上五島たび~」

番組審議会

第287回 課題番組「シマでみつけたタカラモノ~鈴木奈々も感動!長崎・新上五島たび~」

1.開催年月日

平成30年11月26日(月)午後2時~3時半

2.開催場所

長崎文化放送 5F大会議室

3.委員の出席

委員総数  8名
出席委員数 7名

■出席
【委員長】澤山 俊雄
【副委員長】飯田 満治
【委員】田中丸 道子/中牟田 真一/草野 幸子/本田 時夫/河野 武士/宮田 隆(レポート提出)

4.議題

1.

視聴者応答の報告

2.

番組種別ごとの放送時間量・CM放送時間量の報告

3.

課題番組審議
「シマでみつけたタカラモノ~鈴木奈々も感動!長崎・新上五島たび~」
(11月3日 土曜日13:00~13:55放送)

4.

再免許交付について

5.

次回開催について
次回の第288回放送番組審議会は平成31年1月28日午後4時から。
課題番組はNCC制作「椛島の男〜219年目のコッコデショ〜」
(11月21日 水曜日10:45~11:40放送)

 

5.課題番組「シマでみつけたタカラモノ~鈴木奈々も感動!長崎・新上五島たび~」の審議内容

自然、食、暮らしに焦点を当てた番組で楽しく視聴できた。都会暮らしの鈴木奈々さんのキャラも生きていたのでは。
鈴木奈々さんは世界遺産登録を知らなかったとコメントしたが、事前の勉強や局側の説明が必要だったのでは。
上五島のタカラモノは青い空と青い海。番組最後に子どもたちのメッセージが紹介されたが、この子どもたちもタカラモノだ。
バックに流れた音楽がとても美しかった。映像によく合っている。
県外から上五島を訪れる人も多い。九州5局で放送される番組でもあり、地図を使って丁寧に場所の説明をしてほしかった。
NCCの島シリーズは明るい番組で好感が持てるが、視聴者が島に行ってみたいと思うかという点では物足りなかった。
情報番組の狙いは訪れてもらうことだ。今後もそういう番組作りを期待したい。
移住者が希望を持って明るく生活している原動力は何か、興味を持った。別の番組で掘り下げてほしい。

以上